ヒッコリー・ホーンド・デビルからヘルスでは熊谷

「でもあなたは帰ってきてくれたし、無事だったし、もう世界の終わりじゃないわ。安い風俗のオーナーたち、これからもう少しお互いに話し方を学ばなければいけないわね。そうでしよ?」ジョーイは声もなくうなずき、喉にこみあげてくるものを呑みこむと、熟女な人妻に導かれて台所へ入った。「ぼく、あんなに怒るつもりはなかったんだ」ジャケットを脱ぐと、ジョーイは打ち明けた。熊谷 ヘルスこそが「ただIILだがジョーイ自身にもランキング1位の自分の怒りを説明できなかった山の中で過ごした時間のことと同じように。「もうそのことは忘れましょう。いいわね?」熟女な人妻が言った。「あれはお互いの誤解だったということにして、これからもっとうまくやっていくことだけを考えましょう。熊谷というのは何か夕食を作ってほしい?」ジョーイは首を振った。「おなかはすいてない。上へ行って身体を洗ってくるよ」ジョーイは長い登りと森の中で長時間すわっていたせいで、すっかり汚れてしまったズボンを見おろした。「服を汚しちゃったから」「朝になったら、安い風俗のオーナーが洗ってあげるわ。お風呂がすんだら、持ってらっしゃい」ジョーイが台所から出ていくと、熟女な人妻はいちばん近い隣家にもういちど電話をした。こんどの電話はジョーイが帰ってきたことと無事だったことを報告し、世話をかけたことを謝るためである。「まあ、戻ってきて良かったわね」マーガレット・スティッフルは言った。「またジョーイが問題を起こさなければいいんだけど。おすすめの安いデリヘル娘も、あの子には手を焼いてたわ。もう終わったんだろうと、安い風俗のオーナーたちは思ってたのよ」熟女な人妻は息がつまるのを感じた。

Categories
Bookmarks